水着の人

美しい肌に変わりたい

女性

ニキビやほくろ、イボなどがあると気分が下がってしまう、人の目線が気になってしまう、隠そうとしてメイクが濃くなったり不自然になったりするという声はよく聞くものです。中でも、ニキビのように一過性のものではなく、イボとは違い肌にあると目立つ黒色のほくろは特に気になる存在ともいえるでしょう。イボはもちろん、ほくろは美容整形によって除去することが可能です。基本的には痛みもほとんどなく、手術跡が残ることもほとんどないので、多くの人が受けている美容整形手術なのです。非常にサイズが大きい場合、治療が終わった後にやや皮膚がへこんだような感じになることもありますが、時間を経るごとに皮膚のふくらみが戻り、第三者が見ても目立たないようになることが大半を占めます。人によってはいくつもほくろがある場合もありますが、一度にまとめて治療してしまうことも可能です。少しでも早く全部取りきりたい、一つもない綺麗な肌にしたいというのは当たり前の気持ちではありますが、可能であれば複数回に渡って治療をしたほうが良いでしょう。先程も述べたように、治療後は肌がややへこんだ状態になる可能性があるため、一度に複数箇所を治療することによって、治療直後だけとはいえボコボコと肌に凹凸があるような状態になることも十分に考えられます。目立たない部分から計画的に施術を行い、肌にとっても負担が少ない状態で進めたほうが良いといえます。治療内容ですが大きく分けて2種類あり、一つはレーザーなどでほくろそのものを焼き切り除去する方法。もうひとつは皮膚を切除し、その後縫い合わせるという方法で大きさや深さ、年齡などによって最適な施術方法を選ぶことになります。小さなものであれば黒い色に反応するレーザーを使って切除できますが、5〜6ミリを超えるような大きめサイズのものに関しては皮膚切除による治療のほうが良い場合もあります。ちなみにほくろは皮膚の表面部分が変色したものではなく、細胞そのものが変化した状態であるため、ほくろを生成する細胞が取り切れていない場合、再度表出してきてしまうこともあるのです。そのため、美容整形を受けるときには、術後に再度ほくろが現れた場合の対応や保証を受けられるかどうかというのも事前にリサーチしておくべき点といえます。大抵の美容整形クリニックで術後の保証期間を設けており、同じ箇所への再治療の場合は費用が発生しないという対応をしているクリニックも少なくありません。美容整形の場合、ほくろを切除するだけでなく、同時に美肌治療や整形を行うケースもあり、肌そのものを綺麗にしたり、状態を整えたりすることも可能です。もちろん施術直後の肌は刺激を避ける必要があるため、同時並行で行える整形が限定される場合もありますが、美容クリニックだからこその魅力とも言えます。最近ではクリニックに足を運ばなくても、メールや電話でのカウンセリングや診療を行っているところも増えています。口コミや料金、ホームページなどを参考にしながら自分が通いたいと思うクリニックを探し、まずは相談から始めてみるというのも良いでしょう。